ユネスコアジア太平洋国際理解教育センター長による講演会が開催されました

DSCN1268 DSCN1271
DSCN1275 DSCN1277

2014年11月7日、学習システム促進研究センター(RIDLS)主催で、ユネスコアジア太平洋国際理解教育センター(APCEIU)のセンター長、鄭雨倬(Chung U-tag)先生の講演会が開催されました。APCEIUは韓国ソウルにあるユネスコの下部機関で、アジア太平洋地区を統括しています。講演題目は「APCEIUとユネスコ活動-なぜいま、グローバルシティズンシップ教育か-」でした。
 講演では、ユネスコが推進するESDに関する岡山会議、名古屋会議を背景にし、20世紀後半からのユネスコの教育方針がどのように発展し、現在のESDをすすめる経緯、これからなぜグローバルシティズンシップ教育(GCE)に展開しようとしているのかを説明して頂くとともに、2030年代までの活動の展望についても紹介いただきました。
 本講座の教員や大学院生も参加し、活発な意見交換も行われました。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。