第95回全米社会科協議会で発表しました

s_1447440193712 (1) IMG_0313
s_IMG_20151116_202244 s_IMG_20151111_193312

11月11日(水)から14日にかけて、本講座の博士課程後期の大学院生2名(大坂 遊さん・金 鍾成さん)と草原和博教授は、第95回全米社会科協議会(National Council for the Social Studies)に参加しました。本年度は、ニューオリンズで開催されました。大坂さんは”Does Student Teaching (Really) Help Pre-service Teachers Develop Their Lesson Plans?”というタイトルで発表し、金さんと草原教授は、”Mutual Understanding Based on Other’s View: The Project “Suggesting a New Textbook and Its Acceptance” Between South Korea and Japan”をタイトルで発表しました。個々人の研究成果をアメリカで報告し、世界からの研究者たちとの意見交流を行いました。アメリカをはじめ、各国からの大学院生や研究者との交流もできました。また、大学院生たちは、各自の研究に関わる資料収集やインタビュー調査も実施しました。
 なお、今回の大学院生の学会参加は、グリーン・ウィング奨学金(グリーン・ファミリー様)の給付によって実施されました。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。