本研究科のシンポジウムで講座の教員と大学院生が発表を行いました

IMG_1649 IMG_1585
IMG_1594 IMG_1590
IMG_1623 IMG_1625
IMG_1628 IMG_1632

 2016年1月10日に開催されたシンポジウム「広島大学大学院教育学研究科『シンクタンク』はなぜ必要か、何をなすべきか」で本講座の教員と大学院生が発表を行いました。 広島大学大学院教育学研究科が,教育や学習に関わる研究・教育をいかに有機的にリンクさせ,成果を社会に発信し,教育政策や教育現場の課題解決に貢献していくべきか,について意見交換を行いました。

 主 催 :広島大学大学院教育学研究科共同研究プロジェクト
 場 所 :広島大学東広島キャンパス 大学院教育学研究科 第1会議室
プログラム:以下の通り

 研究科長あいさつ          宮谷 真人
 「シンクタンク」構想とは何か     山元 隆春

【第1部】 事例報告 「教育学研究科シンクタンクに発展しうる取組例」
 (1)グローバル時代の新カリキュラムの研究・開発 棚橋 健治、影山 和也、三好 美織
 (2)学習者に配慮した教科書デザインの研究・開発 森田 愛子
 (3)小学校英語教育のテキストの研究・開発 兼重 昇、松宮 奈賀子
 (4)高次な読解力の指導と評価を支援するハンドブックの研究・開発 間瀬 茂夫
 (5)社会科の授業力向上を支援する研修プログラムの研究・開発 草原 和博
 (6)大学教員の授業研究のためのスペイン語版ハンドブックの研究・開発 桑山 尚司
 (7)小括-「シンクタンク」構想との接続-

【第2部】 パネルディスカッション 「教育学研究科シンクタンクに期待するもの」
 (1)各識者の視点・立場から
  - 角屋 重樹 先生(日本体育大学教授、日本教科教育学会会長)
  - 寺田 拓真 先生(広島県教育委員会、学びの変革推進課長)
  - 吉田 総仁 先生(広島大学・研究担当理事、副学長)
 (2)フロアとの討議

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。