大学院生がアメリカの小・中学校で授業を行いました

 9月16日~26日にかけて,アメリカのノースカロライナ州およびワシントンD.Cにおいて,体験型海外教育実地研究(GPSC)が行われました。

 本授業は,ノースカロライナ州の公立の小中学校において授業を行うことを主たる活動としており,本講座からは,引率の小原教授,博士課程前期1年の茂松さん,吉川さん,私(山本)の4名が参加しました。

 茂松さんと私はC.M.Eppes中学校で,吉川さんはElmhurst小学校でそれぞれ異文化交流の授業を行いました。英語で授業するということもあり,始まるまでは緊張や不安でいっぱいでしたが,子どもたちが積極的に授業に臨んでくれたこともあり,楽しく授業を行うことができました。

 他にも、私立小中学校の見学で日本とアメリカの教育の共通点や相違点を観察したり,アメリカの教員志望の大学生と意見交流をしたり,博物館見学で見識を広めたりと,普通の海外旅行では経験できない有意義な10日間を過ごしました。(M1 山本 稜)

1475044395263_r 1475044249056_r
1475044298379_r 1475044324150_r
1475044521499_r

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。