オランダで教師教育に関する学会発表と研修に参加しました

hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93_r hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a1_r
hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a2_r hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a3_r
hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a4_r hp%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%95%e3%82%93%e2%91%a5_r

本講座の教員と大学院生が,8月22日~24日にかけてオランダ・アイントホーフェン市にあるFontys Universityにて開催された,第41回ヨーロッパ教師教育学会(Association for Teacher Education in Europe:ATEE)に参加・発表しました。
ATEEはヨーロッパにおける教師教育研究・研修の推進を目的として設立された団体です。ヨーロッパだけでなく,アジアや北米など世界中の教師教育に関する研究者や実践家が集まり,研究成果を発信したり新しい教員研修のあり方を提案したりしています。
本講座の教員と大学院生は,他講座や他大学の教員・院生と協同で,「The Problems and Challenges That Teacher Educators Face in Japan(日本の教師教育者が直面する困難と挑戦)」と題する自主シンポジウムを企画し,発表しました。フロアの方々からは多くの有益な示唆を頂くとともに,国際的な共同研究のきっかけにしたいと高く評価されました。
発表の詳細は以下の通りです。

・草原和博(本講座・教授)「The Problems and Challenges That Teacher Educators Face in Japan」 ※基調提案
・岡村美由規(教育学専攻・院生)「Certificate Program for Preparing Future Faculty in Teacher Education (PFFiTE) of Graduate School of Education」
・岩田昌太郎(健康スポーツ科学講座・准教授),草原和博「How young doctoral students grow as teacher educators in Japan: from the three cases of teaching assistants in social studies methodology class」
・川口広美(滋賀大学・准教授),大坂遊(本専攻・院生)「How Teacher Educators Orient Themselves to University Classes」

また翌25日には,大学院生の大坂がアムステルダム市にあるアムステルダム自由大学にて,本学の健康スポーツ科学講座の教員・院生が企画した教師教育ワークショップに参加しました。
講師にアムステルダム自由大学のアンヤ・スヴェネン先生をお招きし,教師教育者が果たすべき役割の多様さや,日本の大学院生が抱える教師教育者としてのアイデンディディの特殊性などについて,大変有益な示唆を頂きました。

これらの発表・研修の成果を持ち帰り,自身の研究や研修に役立てていきたいと思います。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。