県立広島高校の生徒が本講座を訪れました

kenhiro1-3

kenhiro2
kenhiro3 (2) kenhiro4 (2)

 県立広島高校の2年生の生徒さん32名が、総合的な学習の時間で取り組んでいる「卒業研究」の一環で本講座を訪れ、大学院生4名が研究についての指導助言を行いました。
 全体会では博士課程後期1年の河原洸亮さんが「研究とは何を・どのように行うことか?」と題して講義を行いました。分科会では博士課程前期1年の倉本尚さん、福元正和さん、山口裕平さんが自身の研究事例を示しながら「研究テーマの設定」「文献検索の方法」について指導・助言を行いました。また、個々の研究計画の吟味も行いました。
 全体会と分科会を通して、生徒の皆さんが自身の研究テーマや研究計画を見直す良いきっかけとなったのではないでしょうか。今後も継続的に「卒業研究」の指導助言を行っていく予定です。県立広島高校の生徒の皆さんの研究がより良いものになるように今後もサポートしていきます。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。