歴史講演会を行いました

 9月6日(水),県立広島大学公開講座「平清盛と毛利元就-虚像と実像を見極める」で,本講座の下向井龍彦教授が「平清盛と音戸瀬戸-伝説と史実の間-」と題して講演を行いました(詳細はこちら)。当日は170名の方が講演会に来場されました。講演後「歴史の研究において、どのように史実と虚構を見極めていくか」について,秋山伸隆県立広島大教授と対談を行いました。下向井教授と秋山教授は,共に広島大学文学部国史研究室(現日本史学研究室)の同級生です。今年度末に定年を迎えるに当たり,当日は他の同級生も講演会に集まり旧交を暖めました。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。