カンボジアの社会科カリキュラム・教科書開発支援に協力しました(7)

ひろしま平和貢献ネットワーク協議会が受託したJICA草の根技術協力事業「カンボジアにおける持続可能な社会構築のための社会科カリキュラム・教科書開発支援」に,本講座教員や卒業生が多数参加しています。5月上旬に,本講座の草原和博先生,卒業生の大坂遊先生(教育ヴィジョン研究センター教育研究推進員・草原ゼミ出身),私(教育ヴィジョン研究センター教育研究推進員・草原ゼミ)が専門家として現地に派遣され,調査・研修を実施しました。
5月5日には,コンポンチュナン州のキリソワナブン小学校で授業研究を行いました。総勢44名が参加し,午前に5年生と6年生の授業を観察しました。大坂先生は,授業観察では「Vision(理念・哲学)」と「Technic(技術・方法)」の両方から改善策を考える重要性を解説しました。私は,授業観察で使用する資料の説明をし,「教師」と「子ども」の両方の行動を記録し,その事実に基づいて授業改善策を考える大切さを解説しました。午後には小・中学校の教職員とカリキュラム開発局のスタッフで検討会をもちました。
5月6日には,プノンペン市の教育省カリキュラム開発局において関係者32名を対象に教科書の作り方を協議しました。特徴が異なる諸外国3冊の教科書を教材として準備し,比較して構成要素の共通点と相違点を見いだすワークショップを行いました。各教科書の構造を「テキスト(本文)」「リソース(資料)」「アクティビティー(活動)」「アカウンタビリティー(開発意図)」の4つの要素から説明し,草原先生を中心にファシリテートする中で構成のモデル化をしました。その後,現行カンボジア教科書の課題を議論し,改善策を協議しました。
 今後も,本講座では,卒業生・修了生と共同して,地域・社会への貢献を果たしてまいります。
※活動の詳細については,教育ヴィジョン研究センターのHP(http://evri.hiroshima-u.ac.jp/activity)をご覧ください。

(博士課程後期1年 守谷富士彦)

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ