熊本県西原村で断層調査をしています

 日本学術振興会科学研究費(基盤研究A)「熊本地震から学ぶ活断層ハザードと防災教育-活断層防災学の構築を目指して(研究代表者名古屋大学鈴木康弘教授)」の研究の一環で,熊本地震をもたらした布田川断層の地形地質調査を熊本県西原村にて行っています。偶然,断層上で溝を掘っていた建設会社のご厚意で調査を行うことができました。調査は,熊原康博准教授と大学院博士課程前期1年の岩佐佳哉さん,冨田大智さんで行っています。西原村における初のトレンチ掘削調査となりました。トレンチ壁面に生じた地層の変形から複数回の断層運動を読み取ることができました。今後は周辺の地形の解析を行い,どのくらいの速さで動いているのかを明らかにすることにしています。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ