日本とオーストリアの研究者が、授業をみる視点を交流しあうフォーラムを開催しました

 広島大学インキュベーション研究拠点「教育ヴィジョン研究センター(EVRI)」は、「教育の専門家」研究ユニットに関連して、オーストリアからAlois Ecker先生とBettina Paireder先生を招聘し、2018年9月28日(金)に研究拠点創成フォーラム(8)「私たちはどのような視点で授業をみるかー日本の教科教育学とオーストリアの各科教授学ー」を開催しました。本シンポジウムは、ウィーン大学歴史文化学部-広島大学大学院教育学研究科との交流協定締結1周年を記念しております。
 本シンポジウムでは、26日(水)にあらかじめ両国の研究者(日本側は本講座の草原和博教授・川口広美准教授)が、広島市立大塚中学校の社会科公民的分野「現代社会の見方・考え方」に関する授業と、広島県立五日市高校の政治経済「経済学とは?経済的思考とは?」の授業を観察しました。2つの授業は、いずれも概念学習を基盤にして、それを日常生活や現実社会の例に転用する、子ども主体の授業アプローチがとられていました。授業後には、授業者と参観者で活発な意見交換が行われました。教師と子どもの関わり方、内容と方法の関係、概念学習の進め方、学習の単位や形態など、日本とオーストリアの社会系教科が抱える共通課題について協議することができました。
 シンポジウム当日の28日(金)では、各科教授学と教科教育学それぞれの学問的バックボーンに基づいて、講師4名で授業観察の視点と分析の結果を語り合いました。オーストリア側は、授業を「教師と学習者の社会システム」として捉え、理論ベースで授業の実態を分析していることに特徴がありました。一方、日本側は、授業を「実践者の信念が表象されたもの」として捉え、実践ベースで改善策を追究しているところに特徴がありました。本シンポジウムを通して授業研究の視点と方法を再検討し、教科教育学研究の国際的なネットワーク化をはかりました。
※活動の詳細については、教育ヴィジョン研究センター(EVRI)のHPをご覧ください。
【EVRIのHP】

第8回研究拠点創成フォーラム「私たちはどのような視点で授業をみるかー日本の教科教育学とオーストリアの各科教授学ー」を開催しました

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。