ネパールで活断層調査を行っています

 現在,ネパール西部で活断層調査を行っています。今回の調査の目的は,活断層がつくる地形から,どこにどのようなタイプの活断層があるかを明らかにし,より詳細な調査を行う候補地を検討しています。ドローンを使って断層地形を空撮して,地形の特徴を明らかにしています。活断層沿いを歩いていると,活気のある農村の暮らしを見ることができます。
 この調査はアメリカ・ネバダ大学のWesnousky教授,ネパール・トリブバン大学のChamlagain助教との国際共同調査です。日本学術振興会科学研究費(国際共同研究強化(B),「ネパールヒマラヤにおける活断層の地震危険度推定と持続可能な防災教育開発」,研究代表者 熊原康博)の一環で行っています。(准教授 熊原康博)

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。