大学院生の研究を紹介します

加納君

加納君2

 
加納大地さん(博士課程前期2年)は,畠中和生教授の指導の下、環境思想を研究しています。環境思想とは、私たちは環境問題をどう捉え、そして今後何をなすべきであるのか、哲学、倫理学の立場から考え、提言を行うものです。加納さんは、『環境問題は私たちに「世界観」の見直しを要請するもの』という根本認識に立ち、ノルウェーの思想家アルネ・ネスが唱える『事物の間の「関係」に着目する世界観』が、私たちが抱いている世界観を反省的に考え直す手がかりになると考え、ネスの著書や論文の翻訳や思想の考察を行っています。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。