活断層調査を行いました

01掘り始め 02トレンチの上から
03壁面a 04壁面c

 熊原康博准教授は,群馬県北東部の片品村にて活断層(片品川断層)の動きを調べるため,ショベルカーを使ってトレンチ(溝)掘削調査を行いました。トレンチの壁面からは,扇状地の砂礫層,ローム層,黒ぼく土を変位させる断層面が観察できました。今後,火山灰の同定や炭素同位体年代測定法から地層の年代を求めて,いつ断層運動(=大地震)が発生したのかを明らかにする予定です。

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。