学部生の一日 (学部3年 山田薫さん) 2013年現在

長崎県出身 長崎南高校卒

 

授業内容

1コマ 教育方法・技術論 社会認識教育史
2コマ 地理教育プランニング論 対人心理学
3コマ ゼミ 博物館
経営論
4コマ ゼミ 古文書解析学
5コマ 教育相談
 

3年後期のスケジュールを教えてください。

月曜日から木曜日までは1つか2つずつ授業があり、火曜日の午後はゼミです。

今セメは学芸員の資格に関する授業もあります。金曜日の授業はありません。

アルバイトは大学から車で15分くらいのところにある飲食店で、週に3、4日17時から23時に働いています。

 

サークル活動はされていますか?

“『OPERATION』つながり”という学生団体のサポーターとして活動しています。

この学生団体は国内外を問わず、支援の必要なところでボランティアを行ったり、地域の子ども達と遊んだりすることに興味がある人が、およそ100人所属しています。

もちろん、すべて参加しなくても、自分のやりたいと思う活動に参加できます。私は東日本大震災のボランティアに興味があり、この学生団体に所属して、今までに3回、東北を訪ねました。

週1の活動には最近参加できていないのですが、不定期にあるボランティアや報告会には現在も参加しています。

サークル活動は、たくさんの人と出会うことができる良さがあります。

一緒に活動している仲間との出会いが私は大きくて、その仲間は本当に意識や行動力が高いんですよ、ボランティアに対する。

そういう仲間に出会えたことで、自分もすごく変わったので、そういうよさが、サークル活動にはあると思います。

 

教育実習はどうでしたか?

4回授業をして、2回は高校、2回は中3でした。ただただ、大変だと思いました。

自分が教壇に立つのが違和感でした。

授業やっても、生徒に対して授業をやるという感覚がつかめず、1時間の授業をやるのが精一杯でした。

けど、福山(附属)のLHRで、実習生がスピーチをすることがあって、私もスピーチをしました。

その時の生徒の感想を読ませてもらう機会があって、自分の言ったことが生徒たちに入っていくんだと思いました。

一度にたくさんの人に話せる。

影響力が強いですが、教師の魅力を感じた実習でもありました。

 

将来の夢は何ですか?

今は…本当のことを言うと悩んでいます(笑)教育実習に行って、(教師として)やれるのかな?そして、本当にやりたいのかな?と考えてしまいました。

けど、他に何がしたい?と考えると…

 

教師になるなら、どんな先生になりたい?

教師になるなら高校日本史ですね。(教科面では?)「分かる授業」がしたいです。

ちゃんと「歴史って面白いんだよ」って言える授業がしたいです。

(生徒指導面では?)ちゃんとお互い信頼し合える関係になりたいです。

生徒がおびえるのでもなく、友達でもなく、適度な距離感で信頼し合える関係になりたいです。

 

社会系コース(教社)に入って得た、一番大きなものは何ですか?

レベルの高い社会科に関する考え方や仲間ですかね。ここで学んでいく中で、高校まで考えたことのない考え方や、周りの思いの高さ、自分も頑張らねばという刺激をもらえました。

また、教社は「メリハリのある集団」だと思います。みな、目指す授業のレベルが高く、とても熱いものをもっています。

一方で、楽しむ時は楽しむことに一生懸命で、教社はどっちも持ち合わせている人が多いと思います。

先生もたくさんいらっしゃって、それぞれ違うよさがあります。

内容学の先生の知識の高さに驚き、社会科教育学の先生方からは、「社会科とは何か」という、自分が考えたことのない世界を教えていただきました。

私は、全員の先生方の授業を受けて(3年前期にゼミ決めがあるので、すべての先生の授業を受けてから決めることができる)、草原先生の授業が一番私を成長させてくれた授業だと感じ、3年生から草原先生のゼミに入りました。

「この先生で間違いない!」とさまざまな場面で感じています。

 

最後に高校生(受験生)に向けてメッセージをお願いします。

教社にきたら、高校では得られない考え方に触れ、自分をより高めることができます。

ぜひ上の段階(教社)を目指そう!!!社会科に対しても、教師というものに対しても、他の楽しいことに関しても、様々なものに視野が広がります!!!!

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。