卒業生の活躍 今永晃博さん(日本航空株式会社) 2017年現在

 

大学院博士課程前期終了後、どんな仕事をされてきましたか?

 日本航空株式会社に業務企画職事務系社員として入社し、研修の期間を経て2年間羽田空港の国内線にてグランドスタッフの業務を担当しました。3年目に名古屋地区販売部へと異動となり現在は店舗セールスを中心とした営業の仕事をおこなっています。

 

仕事のやりがいはどのようなところに感じますか?

 空港でのグランドスタッフの仕事は変化に富んだ毎日で、対応が難しい事例に遭遇することもありましたが、お客さまに毎日直接的に接する最前線の場=空港での仕事に責任感と誇りを持って業務に励みました。自分自身の発案やアイデアをお客さまに向けてサービスとして提供した際に、笑顔で喜んでくださったり、感謝の言葉をかけてくださったり、お客さまの反応が直接自分に返ってくることがとてもやりがいに感じました。営業の仕事は、グランドスタッフの仕事とは全く異なる分野になるため、勉強の毎日ですが、航空会社の多様な業務内容を実感し、仕事の奥深さと楽しさを日々感じています。自分の頑張りが会社の業績や成長に直結すると考えるとやる気が自然と湧いてきます。日々やりがいをもって仕事に励むことができています。

 

JALに入社して仕事をしようと思ったきっかけは何ですか?

 もともとは小さい時からパイロットや飛行機に関する仕事に憧れていました。空港や飛行機その他交通に関することが小さいときから大好きで、その影響か地図帳や地球儀を眺めたり、旅行をすることが大好きな人間でした。成長するにつれてパイロットになるには困難な道が待っていることを思い知り、だんだんと記憶の片隅に追いやられていき、大学に進学する際は大好きな「地理(交通)」を極められる大学・学部に行きたいと思い、社会系コースに入学しました。大学・大学院で地理(航空交通)の研究を進めていく中で、小さいころの「パイロットになりたい」「飛行機に関わる仕事がしたい」という思いが再燃し、大学院進学後、就職活動を開始しました。研究内容も航空交通に関するものだったおかげもあり、縁あって日本航空株式会社に入社することができました。小さいころの夢を最終的には叶えることができたので、ありきたりですが、どんな形であれ夢はあきらめずに持ち続けることが大切なのかなと感じています。

 

社会系の大学院に進学したうえで、一般企業へ就職することの強みはありますか?

 大学院時代は非常勤講師として高校生に公民を教え、自分の大好きな地理(航空交通)の研究を進め、休暇の際は大好きな旅行にたくさん行きました。大学院は自分の好きなことをとことん突き詰められる、社会人になる前の唯一の機会だと私は感じています。教育学を学んだことや教育実習・非常勤講師の経験は、人に物を教える・伝えることの難しさを実感させてくれました。教員免許は一般企業では必ずしも必要となる資格では無いですが、社会系の学部・大学院で学んだことでどうやったら人に物事をわかりやすく伝えられるかという視点が身につきました。この視点は就活や現在の仕事にも活きています。

 

どのような学生生活(学部生、大学院生)送られてきましたか?

 学部生の時は、部活動がメインの生活をしていました。体育会剣道部に所属し週6日の稽古だったので生活の中心は部活動でした。暑い日も寒い日も稽古をがんばった甲斐があり全国大会にも出場することができました。大学院に進学してからは、部活はほどほどにして、非常勤講師と研究活動に力を入れました。また休暇の際は社会系の学生らしく「日本の世界遺産を全制覇する」ことを目標にたくさん旅行に行きました。学生生活では自分の好きなことやこだわりにとことん専念し、満足のいくまで熱中することができました。

 

学生生活で得られたことが現在の生活に活かされていると感じることはありますか?

 部活動の剣道で得られた忍耐強さや周囲を統率する能力は就職活動や今の仕事にも活きています。教育学部・教育学研究科で学んだことで、人に物事をわかりやすく伝えるにはどうすればいいか?という視点を常に持つことができるようになりました。また、地理の授業で行ったフィールドワークや巡検など、現地に実際に足を運んで問題解決の糸口を探るという手法は、現在の営業の仕事の基本中の基本であり、学生時代に行っていたことがそのまま仕事にも活きていると日々感じています。

 

高校生(受験生)・大学生に向けてのメッセージをお願いいたします

 社会系コースは社会科の教員を目指す人はもちろんのこと、一般企業への就職も視野に入れている人にもおすすめできる場所だと思います。普段の講義や教育実習などは、全国の教員養成系の大学の中でもトップクラスのものではないかと思います。また周囲の仲間たちのほとんども教員を目指す方が多いので、皆で磨きあって教員採用試験に向けてがんばっていける環境が整っています。また一般企業に就職するにしても社会系コースで学ぶことで自身の社会認識能力や人に物事をわかりやすく伝える能力が磨き上げられます。学生生活は、自分の好きなことを極めることのできる自由な時間がたくさんあります。自分の「好きなことのプロフェッショナル」を目指して、社会系コースのすばらしい仲間たちとともに突き進んでください!

 

language

お問い合わせ

〒739-8524
広島県東広島市鏡山一丁目1番1号
広島大学大学院教育学研究科
社会認識教育学講座事務室

A409
【Tel】082-424-4670
【Fax】082-424-5083

C521-2
【Tel】082-424-7075 (Fax兼用)

メールでのお問い合わせ

banner white

講座HPの英語版を公開しました
ホームページはこちら

講座HPの「学部生の一日」 「院生の一日」 「卒業生の活躍」ページを更新しました。